求人数200,134件(5/1 更新)

  • @type
  • イーキャリア
  • イーキャリアFA
  • マイナビ転職エージェントサーチ
  • ワークゲート
  • Green
  • 女の転職@type
  • マイナビ転職
  • DODA
  • パソナキャリア
  • キャリコネ転職

伊達郡桑折町(福島県)の転職・求人情報

検索条件

勤務地
職種
業種
雇用形態
希望年収
会社名
キーワード
こだわり条件 会社・社風 就業環境 採用情報 福利厚生 キャリアアップ
Search btn arrow + 詳しい条件を指定する

4件中 1~4件目を表示中

仕事内容 【自社開発できめ細やかにワンストップ対応】生産設備に欠かせない「空圧機器」の設計をお願いします。仕事のノウハウは先輩社員がしっかり教えます!
応募資格 《U・Iターン歓迎します》 ★工学部(4大・短大・高専)を卒業した方 ※営業や開発、製造と連携し世界を相手にビジネスをする醍醐味のある仕事です --------------- 【こんな方を歓迎します】※必須ではありません ・CAD使用経験のある方 ・機械系の設計・開発経験...
給与 月給180,000円〜250,000円 ※上記金額は最低保証金額です。経験・能力に応じて決...
勤務地 【本社・工場】 福島県伊達郡桑折町字仮屋1番地 ※マイカー通勤可/駐車場無料 ※転勤なし/U・Iターン歓迎
8dd72f5b 9f9d 525c ef9abef418b1bb2f PICK UP すべての商品を自社で開発・製造。そのスキルとノウハウこそが私たちの大きな宝です

気になるリストに保存できる件数は20件までです。

20件以上保存するにはログインが必要です。
ログイン後は、今までログイン中気になるリストに入っていた案件も見ることができます。


求人の特徴
  • 週休2日
仕事内容 品質保証 ※家電・住設・OA機器・車載などに幅広く搭載される温度調節器サーモスタット
応募資格 学歴不問 ■必須条件: 品質管理、品質保証の経験 ■歓迎条件: 車載部品の経験 【必要な資格】 ◆必須 ・普通自動車免許(第一種)
給与 【年収】 500万円~700万円 【月給】 320,000円~400,000円 ■給与改訂...
勤務地 福島工場 福島県伊達郡桑折町桑島1-55

気になるリストに保存できる件数は20件までです。

20件以上保存するにはログインが必要です。
ログイン後は、今までログイン中気になるリストに入っていた案件も見ることができます。


仕事内容 東北自動車道 福島北ジャンクション工事の施工管理をお願いします。 現場は工程管理・安全管理及び、写真撮影が中心です。 事務所にて、word,excelによる書類作成もお願いします。 【工事概要】 延長約0.9?の土工工事で、ジャンクションの新設を含む約57万m3の切盛土工等を行います。
応募資格 【必要経験】 土木工事現場にて施工管理経験3年以上。 【必要資格・スキル】 1級または2級土木施工管理技士(目安)
給与 年収 500万円~700万円まで
勤務地 福島県伊達郡桑折町

気になるリストに保存できる件数は20件までです。

20件以上保存するにはログインが必要です。
ログイン後は、今までログイン中気になるリストに入っていた案件も見ることができます。


転職したいけど、求人を探す時間がない人は、
まずは登録して情報収集から!
仕事内容 東北中央自動車道 保原桑折地区道路改良工事に伴う土木施工管理 各種業者の調整、写真管理、測量補助、書類作成、図面作成等に携わって頂きます。
応募資格 土木施工管理経験3年以上 高速道路の現場経験があれば尚良 1級または2級の土木施工管理技士資格があれば尚良
給与 年収 400万円~700万円まで
勤務地 福島県伊達市または福島県伊達郡桑折町

気になるリストに保存できる件数は20件までです。

20件以上保存するにはログインが必要です。
ログイン後は、今までログイン中気になるリストに入っていた案件も見ることができます。


転職求人をお探しのあなたへ、『非公開求人』のご案内 紹介会社に登録して非公開求人を見る(無料)

4件中 1~4件目を表示中

応募に関するよくある質問(転職EXによく寄せられる一般的な質問)

Q他の人は何社くらい応募していますか?
A 人によって異なりますが、内定をもらっている人の平均応募数は10社、約半数は6社以上受けています。
Qなんとなくいいなとは思うけど、応募を悩んでるときは応募しない方がいいですか?
A「求人情報だけではよくわからない」「自分で大丈夫なのか」という不安もあるかと思いますが、
応募して面接を受けるのは会社を知る良い機会ですし、会社にとってもあなたのことを知る良い機会と捉えると良いと思います。
ページの先頭へ