求人数205,736件(12/7 更新)

  • @type
  • イーキャリア
  • イーキャリアFA
  • マイナビ転職エージェントサーチ
  • ワークゲート
  • Green
  • 女の転職@type
  • マイナビ転職
  • DODA
  • パソナキャリア
この求人は現在応募を受け付けていません。

あなたが探している求人と似ている求人

過去の掲載内容

この求人は現在応募を受け付けていません。

正社員 イーキャリアFA

香料の技術営業部長職(正社員) / 会社名非公開

会社名非公開 求人ID:14663533

企業メッセージ

■業務内容:
飲料・乳業・菓子メーカーの研究開発部門に対する香料の技術営業。
フレーバリストの同行する営業スタイルではなく、メーカーの研究開発部門に対する商品作りを提案して頂きます。
定期的な本国へのレポーティングと、定期開催されるグローバル会議にも出席して頂きます。
■魅力ポイント:
・日本法人の実質的なNo.1ないしNo.2として活躍できます。
・職務領域が分断されておらず、新規開拓から技術説明、クロージングまで一人で手掛けることができます。
・外資なので、原料を輸入に依存する国内メーカーとちがい、原料を確保しています。
・昨今の乳原料価格の高騰を背景に、香料の需要が高まる乳業界向けにビジネスを伸ばしています。
香料以外は、食品添加物の取扱い経験があると望ましいですが、食品添加物には、例えば下記のようなものがございます。
【食品添加物の一例】
保存料・日持ち向上剤(ナイシン、グリシン、ソルビン酸など)
酸化防止剤(BHA、BHT、ビタミンC,Eなど)
甘味料(高甘味度甘味料、低甘味度甘味料、オリゴ等など)
着色料(食用タール色素、カロチノイド系、アントシアニン系など)
乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステル、ポリソルベートなど)
増粘剤(グアーガム、ペクチン、ゼラチンなど)
品質改良剤(植物タンパク、乳タンパク、リン酸塩など)
調味料(グルタミン酸ナトリウム、核酸系調味料、コク味エキスなど)
酸味料(クエン酸、乳酸、リンゴ酸など)
強化剤(各種ビタミン類、各種カルシウム類など)
スパイス・ハーブ
酵素
その他の添加物(豆腐用添加物、にがり・かんすい、加工デンプン、発色剤、滑沢剤、ろ過助剤、電解水)

募集要項

募集職種 営業、事務、企画系 > 営業、代理店営業、渉外 > 営業、企画営業(法人)
雇用形態 正社員
勤務時間 44
勤務地 東京都
交通 -
給与 年収 1000万円~1500万円まで
待遇・福利厚生 -
休日・休暇 土日祝

応募方法

応募資格 【MUST経験・スキル】
■香料の営業経験(お一人で新規開拓可能な方)または、中堅以上の食品会社の人脈を持ってこられる方
■商品作りを提案できる技術面の知識・経験
■英語力(ビジネスレベル)
■マネジメント経験
【人物像】
■逆境にもめげず、あきらめないバイタリティを持っている方
■ブランド力で勝負をせず、自身の営業力で商機を勝ち取ってこられた方
■米国本社に対しても臆せず、堂々とコミュニケーションが取れる自信のある方

44歳以上55歳以下
【年齢制限理由】
長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用するため
選考プロセス -

企業情報

会社名称 会社名非公開
事業内容 ?高技術志向・高付加価値の戦略に専門特化し、独自の存在感をはなつ色素・香料メーカー?
【事業内容】香料(調合香料・合成香料・天然精油)、調味料、色素(天然系色素・合成系色素)、乾燥野菜、アイスクリーム用副原料の輸入販売及び、調合香料の製造販売。
【本国及びグローバル】
■事業所:35ヶ国に75事業所
■従業員数:4000名
■売上高:14億5900万ドル(2012年)
≪内訳≫ 香料・フレグランス:8億7530万ドル、色素:4億9410万ドル
■地域別売上構成比:米国41%、欧州25%、アジア太平洋14%、ラテンアメリカ10%、カナダ8%、その他2%
■アジア太平洋・中国グループ:
 営業・マーケティング・技術部門は、オーストラリア・メルボルンを通じて管理しています。
 製造部門は、オーストラリア、中国、日本、ニュージーランド、フィリピンにあります。
 日本法人は、もっぱら食品向け香料事業を行っています。
化粧品・医薬品用色素・香料、食品用色素・香料などの商品に付加価値を与える素材の開発・製造を行っています。
香粧品及び食品素材の分野では世界で圧倒的なシェアを誇っています。
最近では、インクジェットプリンター用インク・ヘアカラーなど様々の用途でラインナップを増やしています。
香料におけるグローバルの売上は、7位のシェアを誇ります。
日本でも、市場シェア拡大のため、新規開拓の手腕をふるえる営業マンを求めています。
<沿革・差別化戦略・キャリアパス>
1882年の創業時は、お酒のジンをつくっていましたが、1919年、禁酒法が施行されたアル・カポネの時代に、発酵の技術を活かしてイースト菌のメーカーとなりました。
現代表が1996年にCEOに就任された際、大きな決断をされ、大量・安価で差別化の難しいバルクのチーズ・冷凍ポテト事業を売却しました。
そうして、現在は、高技術で、高成長の見込める、香料・色素の事業に専門特化。結果、下記のように、差別化に成功し、非常に広い製品ラインナップをお持ちです。
■食品・飲料の天然・合成色素 世界1位
■化粧品色素 1位
■医療品用色素・天然色素 2位
代表者 -
設立 -
資本金 -
従業員数 -
平均年齢 -
転職したいけど、求人を探す時間がない人は、
まずは登録して情報収集から!
ページの先頭へ