求人数218,105件(6/26 更新)

  • @type
  • イーキャリア
  • イーキャリアFA
  • マイナビ転職エージェントサーチ
  • ワークゲート
  • Green
  • 女の転職@type
  • マイナビ転職
  • DODA
  • パソナキャリア
  • キャリコネ転職
この求人は現在応募を受け付けていません。

あなたが探している求人と似ている求人

過去の掲載内容

この求人は現在応募を受け付けていません。

正社員 イーキャリアFA

特高配電設備の品質管理(正社員) / 会社名非公開

会社名非公開 求人ID:15196258

企業メッセージ

発電所や変電所、商業施設やビルなどに納める受変電設備の品質管理、現地試験の対応などを担当頂きます。
具体的な業務内容は下記を予定しています。
・発電所(火力・原子力・水力等)・変電所、ビルなどに納める受変電設備の品質管理、現地試験の対応
・工場内での製品品質の改善業務から、顧客へ納入した製品に関するお客様からの問い合わせ対応、現地調査/試験、不具合対応など
※長期的には、製造ラインの維持と改善を継続的に行い、指導的な職務をご担当いただく予定です。
※数週間?数ヶ月の海外出張があります(出張先:当面は中国・東南アジアがメイン)

募集要項

募集職種 技術職(電気、電子、機械) > 品質管理、製品評価、品質保証、生産管理 > 品質管理・テスト・評価(電気・電子・機械)
技術職(電気、電子、機械) > 品質管理、製品評価、品質保証、生産管理 > 品質保証(電気・電子・機械)
技術職(電気、電子、機械) > 品質管理、製品評価、品質保証、生産管理 > 生産管理(電気・電子・機械)
技術職(電気、電子、機械) > セールスエンジニア、FAE > セールスエンジニア、フィールドエンジニア(家電・AV・コンピュータ関連)
技術職(電気、電子、機械) > セールスエンジニア、FAE > セールスエンジニア、フィールドエンジニア(精密・計測・医療機器関連)
雇用形態 正社員
勤務時間 -
勤務地 香川県
交通 -
給与 年収 400万円~800万円まで
待遇・福利厚生 【給与】420万円?750万円程度 ※25歳:420万円?(別途残業代)、30歳:550万円前後(別途残業代)、35歳:750万円前後。
【待遇】健康保険 厚生年金 雇用保険 労災保険 【福利厚生】 独身寮、社宅、家賃補助、保養所、契約リゾート施設、テニスコ?ト・体育館・プール等のスポ?ツ施設、財形貯蓄、住宅融資、社員持株会、社員互助会など 時間外手当、扶養手当、外勤手当、通勤費補助、選択型福利厚生制度(カフェテリアプラン/個人旅行費用・レジャー施設利用料等の半額補助を受けることができる制度 ※毎年 83000円相当のポイントを付与)
休日・休暇 週休2日制、祝日、労働祭、会社創立記念日、5月4日、8月第1、第2金曜日など 有給休暇(初年度20日、最高25日)結婚休暇、転任休暇、忌引休暇、チャージ休暇、セルフサポート休暇など

応募方法

応募資格 ●【必須】・高圧/低圧機器試験の業務 ・電気工学または機械工学の知識

【歓迎】・電気工事士(第一種、第二種)の資格保有者 ・第三種電気主任技術者以上(又は同等レベルの電気知識学習経験)取得の方 ・英語力(日常会話レベル) ・海外勤務が苦にならない方
■<やりがい>・電力会社、交通機関、プラント等の産業システム、ビル設備などの受配電システムの製品納入、立上げに携わる責任ある職務で、社会基盤を支えるやりがいのある仕事です。・グローバル事業拡大にも注力しています。
●高等専門学校以上
選考プロセス -

企業情報

会社名称 会社名非公開
事業内容 ◆エレクトロニクス、宇宙、通信、家電まであらゆる電気機器の開発、設計、製造、販売 【主要な事業】◇重電システム ◇産業メカトロニクス ◇情報通信システム ◇電子デバイス ◇家電機器
■【受配電システム製作所とは】1979年に36kV以下の開閉装置の製造拠点として設立された受配電システム製作所は、現在、84kV以下の受配電システムの一貫生産拠点に成長し、社会を支える電力インフラの安定供給に貢献している。
■【受配電システムとは】発電所から送られてきた電力を受け、コントロールし、工場やビルの隅々まで確実・安全に送るもの。三菱電機はこのシステム分野において圧倒的な競争力を誇る。特にユーザーから高い評価を得ている真空遮断器を始め、工場・ビル・公共プラント・発変電プラント・鉄道変電所などの受配電設備とそれらの制御・監視システムを取り扱う。

■上場企業
代表者 -
設立 1921年1月
資本金 -
従業員数 -
平均年齢 -
転職したいけど、求人を探す時間がない人は、
まずは登録して情報収集から!
ページの先頭へ