求人数204,531件(12/8 更新)

  • @type
  • イーキャリア
  • イーキャリアFA
  • マイナビ転職エージェントサーチ
  • ワークゲート
  • Green
  • 女の転職@type
  • マイナビ転職
  • DODA
  • パソナキャリア
この求人は現在応募を受け付けていません。

あなたが探している求人と似ている求人

過去の掲載内容

この求人は現在応募を受け付けていません。

正社員 イーキャリアFA

下水道部門技術者 【東京】(正社員) / 会社名非公開

会社名非公開 求人ID:15297631

企業メッセージ

『業務内容』
・下水道計画、設計、維持管理、合流改善、浸水対策等に関する業務。

【主な業務実績】
・既設老朽化施設の健全度診断(補修・補強の要否判定含む)および補強設計
・下水道施設を長く使い続けるためのお手伝いをします
・施設の使用環境と劣化程度の評価を基本とする総合的な劣化調査を行い、施設に生ずる劣化を的確に把握します
・都市化の進展により、洪水時の水害の危険性が増大する一方で、湧水の枯渇、平常時河川流量の減少、河川水質の悪化などにより、流域の水環境の悪化が顕著になっています。水循環系を、治水・利水・環境のバランスが取れた健全な姿を取り戻すための基本計画として、水循環マスタープランを作成しました・・・GISアプリケーションを用いた流域情報のデータベース化、河川流量・河川水質・地下水位・熱環境が評価可能な水循環解析モデルの構築、都市・下水道・河川の施策連携の提案


※2015年7月に改正下水道法が、施行されれば、下水を再生可能エネルギーとして活用の機会が増えます。
【下水エネルギーは、1800万世帯の冷暖房や給湯を賄います】
全国の下水道が生み出す下水熱はで、1800万世帯分の冷暖房や給湯を賄うことが可能です。
法改正で、あちらこちらのマンホールの下の下水道管に下水熱取り込み機器が、設置可能になります。一般住宅でも冷暖房や給湯に下水熱を利用することができるようになります。
【下水汚泥には、植物の生育に欠かせない窒素やリンが、豊富に含まれています】
国内で発生する下水道汚泥の中には、植物の生育に欠かせない窒素やリンが豊富に含まれています。特にリンは、リンは世界的に枯渇気味で、主要輸出国のアメリカや中国が、近年、輸出を規制。全量を輸入に頼る日本にとって、下水道汚泥の活用は資源確保になります。

募集要項

募集職種 建築・製造・設備・配送 > プランニング、測量、設計、積算 > 建設コンサルタント
雇用形態 正社員
勤務時間 25
勤務地 ・東京都千代田区麹町本社
交通 -
給与 年収 400万円~800万円まで
待遇・福利厚生 ・経験を考慮して決定します。
25〜40歳年収例/400〜700〜800万円程度
・昇給/年1回(4月)、賞与/年2回(7月、12月)
・通勤交通費(全額支給)、家族手当、時間外手当、資格手当ほか
・健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
休日・休暇 ・完全週休2日制、祝祭日、年末年始、慶弔等特別休暇、メーデー、有給休暇(初年度10日、最高20日)、半日休暇、リフレッシュ休暇ほか

応募方法

応募資格 『採用要件』
・年齢25〜40歳代
・上記業務経験者
・技術士・技術士補・RCCM資格の保有者

25歳以上45歳以下
【年齢制限理由】
技能・ノウハウの継承の観点から、特定の職種において労働者数が相当程度少ない特定の年齢層に限定し、かつ、期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用するため
選考プロセス -

企業情報

会社名称 会社名非公開
事業内容 ※1946年(昭和21年)の創業以来、国内外における社会資本整備を通じて、時代の要請に応えながら国づくりの一翼を担って参りました。戦後の復興期から社会基盤整備に関わる建設コンサルティングや電力流通設備・水力発電に関わるエンジニアリング、さらに近年高まりを見せる環境対策やCO2削減で脚光を浴びる都市交通システム事業への参画などを通じ、社会と密接な関わりを保ちながら事業を進めております。
また、新興諸国の経済成長に伴う都市環境の保全、交通ネットワークや電力資本の整備、紛争や災害地域の復興支援プロジェクトなどにおいて、世界の国々から私たちが永い歴史の中で蓄積してきたノウハウを最新技術と組み合わせ提示することが求められています。"Challenging mind, Changing dynamics"を旗印に、世界中の人がいきいきと暮らす豊かな社会の実現を目指し惜しみない努力を続けて参ります。
代表者 -
設立 1946年6月7日
資本金 7393338939円
従業員数 -
平均年齢 -
転職したいけど、求人を探す時間がない人は、
まずは登録して情報収集から!
ページの先頭へ