求人数207,245件(2/26 更新)

  • @type
  • イーキャリア
  • イーキャリアFA
  • マイナビ転職エージェントサーチ
  • ワークゲート
  • Green
  • 女の転職@type
  • マイナビ転職
  • DODA
  • パソナキャリア
この求人は現在応募を受け付けていません。

あなたが探している求人と似ている求人

過去の掲載内容

この求人は現在応募を受け付けていません。

正社員 イーキャリアFA

PM(組合管理)/新たな切り口から不動産投資の提案/飯田橋(正社員) / 会社名非公開

会社名非公開 求人ID:15326917

企業メッセージ

職務内容:
業界で他にないビルの「区分所有」による企業財務コンサルティングを行う同社にて、オーナー様に販売した物件のプロパティマネジメント業務に携わります。
管理組合担当として、マンション管理者側の立場からではなくオーナー(投資家)の立場に立ち、管理組合の運営をウオッチし、投資効率を高めるための様々な提案を行う業務。

企業の魅力・特徴:
同社の提案する「区分所有」とは、「一部屋・ワンフロアから扱う」形式です。
あえて人気の高くない中小規模にフォーカス、本質的に価値の高いビルにターゲットを絞り「区分所有」という形でリスクを減少・投資効率を高め顧客に提供しています。
低価格で仕入れることが可能であり、高収益を実現。
・「逆張り」の発想から生まれた同社のビジネスモデルは顧客からの評価も高く、同社で購入した顧客の95%がリピート購入をしている状態です。毎年高成長を続けており、昨年度は165%成長と大幅躍進を遂げています。

・そんな成長し続けている同社の、ビジネスモデルの価値提供に不可欠なのが、
今回募集するプロパティマネジメント。
最大のミッションは、保有されている物件の価値を高める事。 その中でもお願いしたいアカウンティング業務は、 区分所有オフィスを保有されているオーナー様に代わって 入居者管理や債権管理、書面作成などを中心に行うなど ご契約いただいたオーナー様と一番近い立場で業務を務めます。 高額商材ではありますが、8割以上のお客様にリピートを頂くなど、
同社の事業を支える“要”の部署として、20代、30代を中心に活躍。

募集要項

募集職種 専門職系(コンサルタント、金融、不動産) > 不動産、プロパティマネジメント関連 > プロパティマネジャー
専門職系(コンサルタント、金融、不動産) > 不動産、プロパティマネジメント関連 > ファシリティマネジャー
専門職系(コンサルタント、金融、不動産) > 不動産、プロパティマネジメント関連 > アセットマネジャー
教育関連職、公務員、農林水産関連、その他 > その他 > その他職種
雇用形態 正社員
勤務時間 -
勤務地 東京都千代田区富士見
交通 -
給与 年収 400万円~800万円まで
待遇・福利厚生 【年収】
450万円?750万円(27歳?47歳:例)
【月収】
32万円?50万円(27歳?47歳:例)
昇級年2回
賞与年2回(基準は1ヶ月×2回分ですが、PM部署の平均としては評価に応じて1.5?1.8ヶ月(1回分)が出ています。)

【待遇】
◆交通費支給(上限月5万円まで)
◆社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
◆役職手当(主任2万・課長代理5万)
◆宅建手当
休日・休暇 有給休暇10日?20日
休日日数129日
有給消化4日を含む完全週休2日制(土・日曜、祝日)、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇等

応募方法

応募資格 【求める経験】※以下のいずれかは必須となります。★
・区分所有物件の管理会社でのフロント営業経験
・大規模修繕や、長期修繕計画の立案実行経験
・リプレイス経験
・プロパティマネジメント経験(専有部)
・区分所有の賃貸
・マンション管理経験

【求める資格】
・宅建取得者、管理業務主任者(共用部)歓迎

【学歴】
専門学校以上
選考プロセス -

企業情報

会社名称 会社名非公開
事業内容 オフィスは一棟で購入するもの
?この常識を覆しフロアごとの所有を可能にした 同社の「事業系区分所有」。
同社は不動産保有こそが企業の事業継続性を高めるための 必須条件であると確信しています。
この考えの下、投資マーケットにおける イノベーションの旋風を巻き起こしています。

現代では、損失補填などは大手企業が優遇され、
そのような大きな会社を担当できる高いポジションの人がいい思いをするという現実。
同社代表は、『公平でフェアに戦える社会を作りたい』という想いから会社を興しました。
代表者 -
設立 36251
資本金 1億450万円
従業員数 -
平均年齢 -
転職したいけど、求人を探す時間がない人は、
まずは登録して情報収集から!
ページの先頭へ